Now Loading...
x
応募締切
あと1

マイページ
ログイン

第3回 ジュニアプロコン in 静岡

静岡県からのメッセージ

2020年に小学校、2021年には中学校でプログラミング教育が必修化されました。
一方、デジタル化による社会や生活者の行動の急激な変化によって、デジタルトランスフォーメーションの推進が求められています。
こうした時代において、本県の未来を支える小中高校生(次世代人材)の育成を目的に、第3回目となるプログラミング作品のコンテストを開催いたします。
多くの小中高校生の皆さんのご参加をお待ちしています。

対象&テーマ

小学生・中学生・高校生

  • ※特別支援学校生含む
  • ※高専生も含み、2022年3月末時点で18歳以下
  • ※チーム参加不可(個人参加のみ)

コンテスト作品テーマ「自由」 ゲームでも、ロボットでも、プログラミングを使った作品ではあれば形式は問いません!(例:あると便利なもの、社会課題を解決するもの etc..)

ソフト部門
Scratchをはじめ、ビジュアルプログラミング全般、およびJava、Pythonなど言語全般
ハード部門
タミヤロボット、ミニロボPR-01、レゴマインドストームなど
 
※ソフト部門…プログラムの実行結果がPCやタブレットなどのデバイス内で大部分が完結するもの
※ハード部門…プログラムの実行結果がPCやタブレットに外付けした機器やロボットの動作が中心のもの

作品を投稿する

賞品

部門設定

年代別

賞状とAmazon ギフト券 最優秀賞20,000円分/優秀賞10,000円分/準優秀賞5,000円分
  • ※該当者がいない場合もございます。予めご了承ください。

企業賞

賞状と各企業からの副賞

賞状と各企業からの副賞

  1. 1. 本プログラムは第3回 Digital Future Fest ジュニアプロコンin静岡 運営事務局による提供です。 本プログラムについてのお問い合わせは Amazon ではお受けしておりません。
    第3回 Digital Future Fest ジュニアプロコンin静岡 運営事務局(info@shizuoka-diff)までお願いいたします。
  2. 2. Amazon、Amazon.co.jp およびそれらのロゴは Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
  3. 3. 該当者がいない場合もございます。予めご了承ください。
  4. 4. 賞品画像はイメージです。予めご了承ください。

審査について

応募締切 2020/9/11(FRI)

審査基準

  • アイディアの豊かさ
    固定概念にとらわれない自由な発想や
    人の立場にたって問題解決する視点を評価
  • デザイン性の高さ
    色使いや全体レイアウトなど、
    デザイン面を評価
  • プログラミング能力
    プログラミングの基礎となる
    プログラミング能力を評価
  • ※最終審査会では上記の基準に加え、当日のプレゼンテーション内容も審査対象として加味させていただきます。

審査プロセス

プロセス
  • ※基本的にはソフト部門/ハード部門同一条件にて審査。
  • ※2021年10月14日(木)に2次審査通過者に対し個別に連絡させていただきます。
  • ※2次審査を通過した方は2021年10月31日(日)にオンラインにてプレゼンテーションをお願いいたします。

審査員

静岡文化芸術大学 デザイン学部教授 和田 和美
静岡大学情報学部 教授 塩見 彰睦
静岡県立大学経営情報学部 教授 湯瀬 裕昭
株式会社ジオロケーションテクノロジー CTO 但野 正行
CYOLAB PTE.LTD. CTO 田代 硬士
株式会社フィナンシェ 代表取締役 田中 隆一

応募方法

  1. STEP1.作品を作る!
  2. STEP2.専用フォームから投稿用ページを作成!
  3. STEP3.投稿用ページから作品を投稿!

以前に自分が作ったものでも投稿可能です!

作品を投稿する

開催スケジュール

開催スケジュール

最終審査会&授賞式

2020/10/18(SUN) @オンライン

2次審査通過者によるプレゼンテーションをオンラインにて開催!
当日は、大学教授やご協力いただく企業様が作品&プレゼンテーションの審査を行います。当日の様子は生LIVE配信予定ですので、ぜひご視聴ください!未来を担う子供たちの素敵な作品が今からとても楽しみです!

現役エンジニアによるLIVEプログラミング

roblox

現役エンジニアがLIVEでプログラミングにて3Dゲームを作成!
更にゴールの演出、エフェクトなどの設定はどうやるのか、ゲームの裏側も解説します!加えて本コンテストの魅力もお伝えします!
ぜひご参加ください!

プレイベント申込み

最終審査会レポート

2020年10月18日(日)にオンラインにて第2回Digital Future Fest ジュニアプロコン in 静岡の最終審査会が開催されました!

第2回のプロコンに応募された作品の総数は142作品。その中から選ばれた17名の作品のクオリティが高いのはもちろん、ユーモアあふれるプレゼンも多く、とても盛り上がった審査会となりました!受賞作品の動画は本サイトにてご確認いただけます。
また、審査会の様子を見たい方はこちらからご視聴ください。
当日の様子を視聴する

今年の受賞作品

小学生

最優秀賞ロケットタイピング

河合 孝契

長泉町立長泉小学校(6年生)

最優秀賞タワー・オブ・ドラッグ

佐藤 彦輝

静岡市立西豊田小学校(4年生)

中学生

最優秀賞Notepad i+

井上 裕斗

静岡市立東中学校(2年生)

最優秀賞「Alto」 多機能タブレット

若林 健悟

袋井市立袋井中学校(2年生)

高校生

最優秀賞プログラミング言語Kuroとプレイグラウンド

納本 穂高

コードアカデミー高等学校(2年生)

最優秀賞学生向け海洋探査プラットフォーム KUMA・KITAKAMI・OI

松本 拓真

静岡県立静岡東高校(3年生)

インタビュー

令和元年度 小学生ソフト部門 TIS賞

三浦 玄誠さん

藤枝市立岡部小学校(3年生) ※受賞当時

食物アレルギーチェッカー

スマートフォンカメラで食品表示ラベルを読み、アレルギーの原因物質が含まれないかAIで判定するスマートフォンアプリを作成。

このアプリを作ったのは僕に小麦アレルギーがあるからです。小さい時に間違えて小麦のお菓子を食べて強いアレルギーが出てしまいました。目の前の食べたい物のアレルゲンがわかったら便利だし、食べられるかの判断ができたら安全だと思ったのが開発するきっかけです。アレルギーでこまっている人の手助けができて、安心して楽しくたべられるようになったらいいなと思ったのでアプリをリリースしました。つぎは英語対応したいです。

令和2年度 高校生ハード部門 最優秀賞

松本 拓真さん

静岡県立静岡東高校(3年生) ※受賞当時

学生向け海洋探査プラットフォーム KUMA・KITAKAMI・OI

自動航行する小型船と、運用を担うLPWA通信設備やサーバを制作。自前で構築することで、低コストで独立して運用できる体制を整えた。

自分が行けない場所に送り込み、自分では見られないものを見てきてもらう。そんな夢を持って作り始めたのがこの船です。製作中、学生が海で実験する機会がないことに気が付き、駿河湾を抱える静岡でこれを可能にしたいと考えて機能を膨らませました。コンテストでは、企業でご活躍されている方々や同世代の開発者との繋がりを得て、自らのやる気と技術の向上、さらには大学進学にもつながりました。出場して本当に良かったです。

協力

お問い合わせ

お問い合わせは以下のアドレスまで
メールにて受け付けております。

info@shizuoka-diff.jp

SNSやってます!
プログラミングが好きな人にぜひシェアしてね!

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook