Now Loading...

マイページ
ログイン

ジュニアプロコン2020 in 静岡

静岡県からのメッセージ

AI、IoTなどの科学技術が著しく進展し、
第4次産業革命により我が国の産業構造は大きく変化しつつあります。
こうした中、本県の経済発展を支える上で重要な次世代人材を対象として、
プログラミング作品のコンテストを開催し、
プログラミングを学ぶ子供たちに成果発表の機会を提供するとともに、
県内企業への理解を深めます。

対象&テーマ

小学生・中学生・高校生

  • ※特別支援学校生含む
  • ※高専生等も含み、2020年3月末時点で18歳以下

コンテスト作品テーマ「自由」 ゲームでも、ロボットでも、プログラミングを使った作品ではあれば形式は問いません!ゲームは、旅行、食、スポーツ、未来などが入ってるとよい(例:あると便利なもの、社会課題を解決するもの etc..)

ソフト部門
Scratchをはじめ、ビジュアルプログラミング全般、およびJava、Pythonなど言語全般
ハード部門
タミヤロボット、レゴマインドストームなど

賞品

部門設定(年代別)

賞状とAmazon ギフト券 優勝20,000円分/準優勝10,000円分

部門設定(企業賞別)

賞状と各企業からの副賞 ※該当者がいない場合もございます。予めご了承ください。

  1. 1. 本プログラムはDigital Future Fest ジュニアプロコン 2020 in 静岡運営事務局による提供です。 本プログラムについてのお問い合わせは Amazon ではお受けしておりません。
    Digital Future Fest ジュニアプロコン 2020 in 静岡運営事務局(info@shizuoka-diff.jp)までお願いいたします。
  2. 2. Amazon、Amazon.co.jp およびそれらのロゴは Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

審査について

応募締切 2020/1/19(SUN)

審査基準

  • プログラミングの正確性
    プログラミングの基礎となる
    プログラムの正確性を評価
  • アイディアの豊かさ
    固定概念にとらわれない自由な発想や
    人の立場にたって問題解決する視点を評価
  • デザイン性の高さ
    色使いや全体レイアウトなど、
    デザイン面を評価
  • ※最終審査会では上記に基準に加え、当日のプレゼンテーション内容も審査対象として加味させていただきます。

審査プロセス

プロセス
  • ※基本的にはソフト部門/ハード部門同一条件にて審査。
  • ※1月26日頃に最終審査会通過者に対し個別にご連絡させていただきます。
  • ※2次審査を通過した方は2020年2月9日にグランシップにて最終審査会へのご参加お願いいたします。

審査員

静岡文化芸術大学 デザイン学部教授 和田和美
京都造形芸術大学 創造学習センター客員教授 谷崎テトラ
株式会社アイエイアイ
株式会社静岡銀行
株式会社タミヤ
TOKAIグループ
TIS株式会社
富士通クライアントコンピューティング株式会社
株式会社マイナビ
株式会社サーティファイ

応募方法

  1. STEP1.作品を作る!
  2. STEP1.応募フォームに必要事項記入&作った作品を投稿!!

以前に自分が作ったものでも投稿可能です!

応募は締め切りました

最終審査会&授賞式

2020/2/9(SUN) @グランシップ

2次審査通過者によるプレゼンテーションをグランシップにて開催!
当日は、県内外の大学教授や有名企業の方が作品&プレゼンテーションの審査を行います。さらに、入賞者の作品を体験できるブースや各企業様によるトークディスカッションもご用意。当日は、一般入場も可能ですのでぜひ親子でご来場ください!未来を担う子供たちの素敵な作品が今からとても楽しみです!

【日時】
2020年2月9日(日)13時〜(開場12時半)
【場所】
静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」静岡市駿河区東静岡二丁目3番1号

トークディスカッション「企業のデジタル化と未来の人材・働き方」

これからの時代は、全ての企業がデジタルシフトしていかなければいけません。今まで必要とされてきた仕事の一部はなくなり、数年前まで存在しなかった職業が生まれる世の中になりました。これからのさらに変化の激しい時代において、私たちの在り方はどう変わるのでしょうか?
今回のディスカッションでは、モデレーターにマイナビ編集長、高橋誠人様をお招きし、「企業のデジタル化と未来の人材・働き方」をテーマに県内外の有名企業の方によるカジュアルなトークディスカッションを行っていただきます。
企業様ごとに違う自由な視点で語られるトークディスカッションをぜひお楽しみください!

入賞作品体験ブース

最終審査会に残った作品を
当日体験していただけるブースも開催予定!
ドローンでプログラミングができる
コーナーもございます!

応募は締め切りました

お問い合わせ

お問い合わせは以下のアドレスまで
メールにて受け付けております。

info@shizuoka-diff.jp


SNSやってます!
プログラミングが好きな人にぜひシェアしてね!

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook