Now Loading...

第4回 ジュニアプロコン in 静岡

静岡県からのメッセージ

2020年に小学校、2021年には中学校、2022年には高校でプログラミング教育が必修化されました。
一方、デジタル化による社会や生活者の行動の急激な変化によって、デジタルトランスフォーメーションの推進が求められています。
こうした時代において、本県の未来を支える小中高校生(次世代人材)の育成を目的に、第4回目となるプログラミング作品のコンテストを開催いたします。
多くの小中高校生の皆さんのご参加をお待ちしています。

対象&テーマ

小学生・中学生・高校生

  • ※特別支援学校生含む
  • ※高専生も含み、2023年3月末時点で18歳以下
  • ※チーム参加不可(個人参加のみ)

コンテスト作品テーマ「自由」 ゲームでも、ロボットでも、プログラミングを使った作品ではあれば形式は問いません!(例:あると便利なもの、社会課題を解決するもの etc..)

課題解決部門
自分もしくは他者の身の回りの人が抱える課題を解決することを目的としたアプリ、ソフトウェアなど
エンタメ部門
ゲームなど人を楽しませることを目的としたアプリ、ソフトウェアなど
プログラミング初心者もチャンス 応募者キャンペーン

賞品

部門設定

年代別

賞状とAmazon ギフト券 最優秀賞20,000円分/優秀賞10,000円分/準優秀賞5,000円分
  • ※該当者がいない場合もございます。予めご了承ください。

企業賞

賞状と各企業からの副賞

賞状と各企業からの副賞

  1. 1. 本プログラムは第4回 Digital Future Fest ジュニアプロコンin静岡 運営事務局による提供です。 本プログラムについてのお問い合わせは Amazon ではお受けしておりません。
    第4回 Digital Future Fest ジュニアプロコンin静岡 運営事務局(info@shizuoka-diff.jp)までお願いいたします。
  2. 2. Amazon、Amazon.co.jp およびそれらのロゴは Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
  3. 3. 該当者がいない場合もございます。予めご了承ください。
  4. 4. 賞品画像はイメージです。予めご了承ください。

審査について

応募締切 2022/9/21(WED)

審査基準

  • アイディアの豊かさ
    固定概念にとらわれない自由な発想や
    人の立場にたって問題解決する視点を評価
  • デザイン性の高さ
    色使いや全体レイアウトなど、
    デザイン面を評価
  • プログラミング能力
    プログラミングの基礎となる
    プログラミング能力を評価
  • ※最終審査会では上記の基準に加え、当日のプレゼンテーション内容も審査対象として加味させていただきます。

審査プロセス

プロセス
  • ※ 基本的には課題解決部門/エンタメ部門同一条件にて審査。
  • ※ 2022年10月19日(水)頃に2次審査通過者に対し個別に連絡させていただきます。
  • ※ 2次審査を通過した方は2022年11月3日(木・祝)に会場にてプレゼンテーションをお願いいたします。

審査員

静岡文化芸術大学 デザイン学部教授 和田 和美
静岡大学情報学部 教授 塩見 彰睦
静岡県立大学経営情報学部 教授 湯瀬 裕昭
株式会社ジオロケーションテクノロジー CTO 但野 正行
株式会社フィナンシェ COO 田中 隆一
タクトピア株式会社 代表取締役 長井 悠
慶應義塾大学 納本 穂高 ※過去3回プロコン 最優秀賞受賞者

応募方法

  1. STEP1.作品を作る!
  2. STEP2.専用フォームから投稿用ページを作成!
  3. STEP3.投稿用ページから作品を投稿!

以前に自分が作ったものでも投稿可能です!

作品を投稿する

開催スケジュール

開催スケジュール

最終審査会&授賞式

2022/11/03(THU) @グランシップ

2次審査通過者によるプレゼンテーションを静岡市内のグランシップにて開催!
当日は、大学教授やご協力いただく企業様が作品&プレゼンテーションの審査を行います。当日の様子は生LIVE配信予定ですので、ぜひご視聴ください!未来を担う子供たちの素敵な作品が今からとても楽しみです!

会場での参加をご希望の方は下記よりお申し込みください。 観覧の申込みをする
オンライン上にてLIVE配信を行います。
【日時】2022年11月3日(木・祝)13時30分~ ※最終審査会&授賞式当日に以下のボタンよりご視聴いただくことができるようになります。 授賞式を視聴する

ゲーム実況LIVE配信

教材無償提供

作品を投稿する

インタビュー

令和3年度 小学生ソフト部門 優秀賞

松本 達さん

浜松市立都田小学校(4年生) ※受賞当時

10pita!!

答えが10になるように数字を選ぶゲームをScratchで作成。

Scratchの楽しさを伝えられるようなゲームを作りたい!たくさんの人にやってもらえるゲームを作りたい!と思って考えました。誰にでも分かりやすく、簡単な操作でできる楽しい数字のゲームを作ることができました。コンテストでは他の受賞作品もクオリティが高く、みんなすごいな!僕ももっと色々作るぞ!と思いました。このコンテストに出場したことでさらにやる気が出ました。今後、Scratchを極めたら他の言語のプログラミングにも挑戦してみたいです。

令和3年度 中学生ハード部門 最優秀賞

佐古 萌奈さん

静岡市立豊田中学校(3年生) ※受賞当時

茶葉排出装置(バルカン5号(仮))

IoTツールを活用し、好きな茶葉ボタンをタップすると、茶葉が自動に出てくる装置を制作。

コロナ禍で世界から優雅な時間が消えてゆく日々、この問題を解決すべくバルカンを作成しました。プログラムの知識は殆どなくハードはミニ四駆くらいしかさわったことがなかったので課題は沢山ありましたが制作していくうちに「ものづくり」の楽しさを知ることができ、このコンテストがきっかけで色々な賞を頂き自信に繋がりました!その後の企画では様々な方達とふれあい良い刺激を受けました。今後もスキルを磨いて、第二のビル・ゲイツになります!(キリッ

お問い合わせ

お問い合わせは以下のアドレスまで
メールにて受け付けております。

info@shizuoka-diff.jp

SNSやってます!
プログラミングが好きな人にぜひシェアしてね!

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook